ラメラ構造の説明とおすすめなラメラ構造のオールインワン化粧品は?

ラメラ構造の解説とおすすめラメラテクノロジー化粧品を紹介します。

具体例で解説!ラメラ構造とは?

 

肌が綺麗な人とすぐにシミやシワができてしまう人ってどんな差があるのでしょうか?肌に良いスキンケアやサプリメントなどもたくさんありますが、実際に肌を守ってくれているのは「ラメラ構造」。

 

この「ラメラ構造」とはどんな構造になっていて、どんな役割があるのか知っておくと自分の肌を綺麗にするヒントになります。

 

人の皮膚というのは、皮下組織・真皮・表皮と層が分かれていますが、一番外側にある表皮の中の角質層にこのラメラ構造があります。ラメラ構造とは油分と水分が重なりある交互におよそ10?20枚程度重なり合って形成されています。

 

角質層とはラップほどの厚みしかないのですが、その中にあるラメラ構造はミルクレープみたいな感じで層があり、肌の中の水分を逃がさない様にしたり、外から肌に異物が入らない様に守ったりと、肌にとってかなり重要な役割を担っているのです。

 

ラメラ構造が整った状態であれば、肌は潤いが保たれて外敵から守ることができますが、もしも崩れてしまうとどうなるのでしょうか?

 

肌の中から水分やリン脂質が蒸発して中身はスカスカになります。ミルクレープだってクリームだけやクレープだけでは形は保てませんよね。

 

ラメラ構造が崩れると乾燥してシワやくすみの原因に、そして紫外線の影響を受けやすくシミができやすくなるなど肌トラブルが起きやすくなります。

 

おすすめのラメラ構造のオールインワン化粧品は?

「ラメラ構造」は美肌のためにはとても重要だということがわかりましたね。

 

しかし、この「ラメラ構造」は年齢とともに崩れやすくなってしまいます。ですから、毎日のスキンケアでは「ラメラ構造」を整えて、ハリやツヤを取り戻し、健康な肌を保つことが大切です。

 

そこで美肌のために大切な「ラメラ構造」を整えてくれる効果のあるコンシダーマルというオールインワンゲルをお勧めします。

 

コンシダーマルは、肌成分と構造に着目して開発されたオールインワンゲルです。

特徴@

本来の肌の成分である皮脂→スクワラン、細胞間脂質→セラミド、NMF→アミノ酸/ミネラル、真皮構成成分→ヒアルロン酸/コラーゲンを
配合し、さらに「ラメラ構造」を作って肌を再現します。

特徴A

独自の技術で再現された「ラメラ構造」を肌の深層までしっかり浸透させて、さらにラップ効果で浸透した美肌成分がアプローチします。

特徴B

肌の構成のための厳選された30種類の美肌成分が配合されて、ハリとツヤのある肌へ導きます。

特徴C

洗顔後はコンシダーマルを浸透させるだけの簡単スキンケアです。導入液、化粧水、乳液、美容液、クリーム、パックと一つで6つの役割があります。

特徴D

無香料、無鉱物油、無着色、パラベンフリー、アルコールフリーで低刺激処方で安心して使えます。

 

コンシダーマルはお肌にとって大事な「ラメラ構造」を整えるという納得できるスキンケア商品です。

 

オールインワンゲルなので忙しい人にも手軽に使えますね。コンシダーマルで簡単お手軽に美肌を目指しましょう!